海(うみ)nanimositeinai’s blog

父は私を従順で素直な女性に育てました。結果 私の恨みつらみ噺の始まりです。私は猿夫と結婚して「あぁ この人と結婚して良かった♪」と思った事は 且て今まで一度たりともありません。現在は精神疾患を持つアラフォーの長女とひっそり暮らしています。夫の名言【何もしていない】

養育費

先日の、 末っ子 虎の、お義父様からのお叱り電話は
考えさせられるものがありました
 
「虎くんが作った離婚協議書は納得できない!
養育費が月3万だと!?
孫の教育がこれから大事なのに 学費のことを全然考えていない!」
 
お義父様は 学歴重視型で お嫁さん、チータさんも高学歴です
 
考えました
 
確かに高学歴なら 将来の職業選択の巾が広がります
でも いくら学歴を積んで大企業に就職出来ても
うつ病を発症して 自死などされたら 元も子もない
 
私なりに これから どんな教育が必要か?
2~3冊の本を買って読みました(まだ一冊目です)
 
【男の子が自立する子育て】

f:id:nanimositeinai:20201121154913j:plain

 
中・高一貫の私立進学校の校長先生が書いた本です
 
中学・高校の多感な時期の教育が、人生の土台作りとなり
「自立心」と「自律心」を育むことが重要で
大人がどのように接すればそれらが育つのか 書かれています
 
中で関心を引いたのは
限られた環境(資金・指導者の力量・自分の体力・場所の広さ など)
限られた時間の中で
いかに効率よく成果を生み出すか?
常に本人に考えさせる件でした
 
そして「生活記録」をつけさせることによって
マネージメント能力を育てる方法が書かれていました
 
そんな中、親のひと言・ふた言
「ちゃんと記録をつけてるの?」
「なんで、もっと時間を有効に使わないの?」
は足を引っ張るそうです
 
私が大いに共感出来たのは下の文章でした
 
難関大学に入ったからといって、その先の人生が保障されるわけではありません。
子供の自立心・自律心の真価が本当に問われるのは、大学に入ってから、
さらには社会人になってからです】
 
続く文章は 亡き母に読ませたかった一文です
【にもかかわらず、その大学に入る前に、
子供の自立心・自律心の芽をつんでしまうことを口にしては本末転倒です
「生活記録のつけ方が悪い」と言いながら、実は本人そのものを否定しているのです】
 
 
先手、先手を打って
アレしなさい! コレしなさい! 早くしなさい!
勉強しなさい! 宿題は!? 
 
幼少時からの 母からの叱責は
ことごとく私の芽を摘んだようです
 
さて・・しかれども・・
わたし的には まだ その先の
もっと重要なことがあるような気がします
 
社会人になって本人の能力が遺憾なく発揮できたとして・・
真価が花開いたとして・・
でも 
にもかかわらず、本人が満足感を持たなかったら どうだろう?
大事なのは 幸せを感じ取る能力
幸福感を我が物にする事じゃないだろうか?
 
と 私は考え まだまだ勉強を重ねています

 

受け答え

ピン ポーン!

インターホーンに映った二人の制服姿の警官

 

その日は折悪しく 虎は離婚の話しを詰めにチータさんと話し合う為、

高速に乗って 

娘を案ずる義父の待ち受ける家に向かった日、

私はいつもの様に 商いの手伝いに行って留守の時間帯 でした

 

まだなお ネガティブな方向に物事を考える豹は

警官の制服姿を見て

何か、、弟や母親が交通事故に遭ったんじゃないか?

と不吉な思いが頭によぎり、

すっかりパニくって

インターホーンに応える事が出来なかったそうです

疲れた様子でただ座っていました

 

後日 私が管理人に訊ねると

毎年行っている 住人表をつくる為の訪問だったとの事でした

 

◆危機管理が出来ない◆

 

まだまだ十歳の女の子状態みたいです

少しの回復

統合失調症の主な症状に「被害妄想」があります

当事者の全てが 同じ考え方をするか否かは分かりませんが

娘の豹の場合、同列で 自分が周りの人に迷惑を掛けているんじゃないか?

と戦々兢々、変な取り越し苦労をする傾向があります

 

末っ子の虎が お嫁さんと離別して

母娘二人暮らしの 今の住まいに同居したい

そんな話しを聞いた当初…今年初め

豹は 

虎と もしピューマ君も同居する様になったら

自分が邪魔になる

グループホームに入ろうか?と本気で考えたらしいです

「え?なぜ そんな考えになるの?( ̄∇ ̄;)ハッハッハ」

と笑い飛ばしていましたが

 

さて実際に虎が〈出戻り息子〉となった 今現在

そんな考えは 抜けてしまった様で

「洗面所やトイレが混み合いそう」

「昨日の朝は台所で混み合ったワ」

と、ごく一般の 姉vs.弟 のせめぎ合いになりました

 

それこそ正常な姉弟の感情です

ほぼ一年弱の間に よくぞ ここまで回復してくれた

 

はたして 確固たる「回復」なのか?は

来週の受診で判ると思います

 

ごめんなさいね、チータさん

本当にびっくりしました

 

末っ子の虎が書置きを残して

こっちに家出して来るのは 大体察していましたが…

離婚届けと育児費用についての算定書(?)・協議書

詳しい事は全然知らないのです

住宅ローンの事とか、そもそも虎がどれだけの収入があるのかも知りません

数日後に 彼がそちらに行って話し合いをする、それだけを聞いていました

 

ただ、離婚話を持出せば おそらく

御両親が出てくるだろう事は予想できました

どう出て来るか?

多分 「孫のピューマ君が可哀相」で虎を攻めてくるだろう

と予想していたのですが

全く 違いましたね

 

速攻でお父様が電話でおっしゃいましたね

「二人が別れる・別れないは 二人の問題だから それは問わない

だが、こちらとしては協議書の中身が 全然納得できない

早い話しが金です

住宅ローンも残っているのに 苦労だけをこっちに押し付ける気か?

有名になった人のお父さんは 大概が東大出です

孫の教育費がこれから膨大に掛かってくるのに

息子君の協議書ではその点を全然考えていない

それに こうも書いている

《母も高齢になり姉も病気なので助けになりたい》と

こっちも、妻はまだ仕事を続けているし 

その母親の面倒も看なければいけないのに<`~´>」

 

全体的な雰囲気では とにかく怒っている

虎の身勝手さに憤慨している、金を出せ!

そんな感じでした

 

ごめんなさいね、チータさん

そのお父様からの電話がなければ

私も まだまだ頭冷やしの為の別居生活もあり

と考えていたんですが・・

 

すべて 分かりました

虎を婿養子のように考えている

あんなご両親だからこそ、早く別れさせるべき

 

貴女には何の恨みもなく、申し訳ないのですが

わたくしは母親として

これからは全面的に虎を守りたいと思います

井の中の蛙

御両親さま

 

いつもうちの息子がお世話になっております

私どもの方は親として 何もしていないのに

常日ごろ 色々 良くして下さってありがとうございます

 

さて・・

今回のこと 私もびっくりしていました

息子の虎から「夫婦仲が上手く行ってない」と知らされたのは

今年の初め頃だったんです

この十年間、虎の方からは「順風満帆に行ってる」mail

だけの連絡でしたし

チータさんに対して あれやこれや 不平・不満

全然 耳にしていなかったので、ほんとに驚きなんですよ

でもまぁ、ピューマ君も可愛い盛りですし

そのうち、また 気が変わるかな?とも思っていたんですが

やはり虎の意思は固いようです

 

で、

あのう…話しは横道それますが…

 

これは 極々狭い、井戸の中の話しなんですが…

私が ご両親さんと同郷の、あの夫と結婚してからは

こちらの町の、古い安いアパートから出発しました

当時は 夫の年収は200万足らずだったので

もちろん 私もフルタイムで仕事をしていました

あの人は明治生まれみたいな考えだったので 夫婦共働きでも 

家の事は手伝いません

炊事、洗濯や掃除、買い物、弁当作り、ゴミ出しも

全部妻の役目、そう思い込んでいる感じでした

ご両親さんも 昭和の時代の方なので

それで当然とお思いかも知れませんが

その頃 私 毎晩 蕁麻疹が出ていたんですよ

 

夫には友人がたくさんいて

ほとんど毎晩のように友達が遊びに来るのですが

あの人は、晩御飯を食べ終えると そんな彼らにお構いなく

すぐ傍でゴロンと横になり 本能のままに宵寝するので

私一人で 夜遅くまで友人達の話し相手をしました

彼らが帰ってから 食器洗いや 明日の弁当の段取りしたら 夜12時頃になるんです

あくる朝は6時過ぎに起きて 洗濯、朝ごはん、弁当作り、

それから職場に向かうんですよ

仕事帰りにはスーパーに寄って買い物し、夕ご飯を作り

夫と夕飯を食べ終わるか食べ終わらないか、の時間帯に

また 別の友人達が遊びにやって来るんです

 

で、盆・正月や彼岸は ご両親さんもご存知の

夫の実家に 必ず休みいっぱい里帰りして

先祖参りに来た親戚に、酒のお酌をするんです

 

春には田植えを手伝ったり、秋には果物採りの手伝いもしました

田舎の風習に合わせて 嫁として

数え切れないくらい村に行きました 

向こうの両親は、いい嫁をもらった と言う顔してましたよ

 

そんな私が なぜ夫と別れたか、と言うと

一口で言えば、思いやりがなかったから、なんです

 

年収が低いのは、最初から分かっていましたし

それは別にかまいません

人の能力には差があるので 仕方のないことでしょう

五十代でも年収300万、優しささえあれば許容範囲です

私はあの人に「もっと稼いで欲しい」と要求したことはありません

 

でも、夫は私に対して色々要求が多く 優しくなかったんです

風邪で弱っている時でも 弁当を作らせ、

貧血でへたり込んでいても、ソースを取りに立たせる人でした

 

経済力も無く、思いやりも無く 逆らえば手を上げるんです

女を殴れる男 なんて信じられます? あり得ませんよ

許せません

当時は ね

 

ま、私の話しはここで 置いときますね

 

今回 息子の虎が

ご両親さんの娘さん、チータさんと別れたい話しなんですが…

 

二人が結婚して あの村の家で新生活を始めてから

休みの日に、虎の親元に挨拶帰りする習慣はなかったですよね

私の夫が墓参りの時、すぐ横にある二人の住まいを訪ねても 

鍵が掛かって入れない事もあったそうです

 

この十年間で、チータさんが私に顔を見せてくれたのは、

以前暮らしていた家に挨拶に来てくれた時と、

そして 今現在の住まいに 挙式前の衣装合わせの為、と

ピューマ君が生まれて数ヵ月経った頃の孫見せの 合計三回でした

私の方から 二人の新居に遊びに行ってもいいか?と訊いた時、

虎は 来なくていい旨を匂わせました

 

でも、私は それでいい と思っていました

チータさんとは、必要があれば携帯メールで交信出来ますし

実際に会うのは 気を遣わせるから遠慮する方がいい、と

虎がチータさんを、ひたすら封建的な「嫁の役」から守っている

【マス夫さん状態が、お嫁さんが一番伸び伸び出来ていい】

そう 思っていました

どうでしょう?

若い二人が ご両親さん宅に同居していた時期もあった様なので

その辺のところは よく御存知じゃないですか?

 

そんな虎が チータさんと別れたい と言うんです

細かな具体例は聞いていませんが

もう いっぱいいっぱいになったんだと思います

我慢が足りない とお思いかも分かりませんが

虎本人としては 精一杯頑張ったと思います

 

母親の私としては そんな息子をゆっくり休ませたいと思う

それしか言えないんです

 

幼いピューマ君が可哀相とお思いかも知れませんが

仲の悪い夫婦の下で暮らすことが、一番最悪

社会学者は唱えています

私もそう思います

 

パパなし子を、周りの大人が「可哀相な子」と見るから、

本人は洗脳されて 自分を「可哀相な子」と思ってしまうんです

パパとママは別々の所で暮らしているだけ

と考えれば 全然可哀相じゃないんですよ

むしろ、「パパなし子は不憫」と考える その偏見こそが

可哀相なんです

 

あれくらいの歳の子は ママひとりいれば 十分育つと思います

私も 一人で三人育てましたから

 夫は2~30分の子守りもしなかったですよ

 

虎も今まで通り 父親として 出来る限りのことはすると思いますし

 

なにより、家庭生活で 我慢に我慢を重ねた結果

病気になってしまった 私自身の実体験があるのです

 

行っておけば良かった

「ちょっと山暮らしをしてみる」

そう言って 末っ子の虎が猿夫の生家に移り住んだのは

十三~四年前でした

既に祖父・祖母(私にとっては舅・姑)ともに 向こうの国に旅立った跡だったので

空き家になっていました

その猿夫の故郷で、チータさんと知り合い

結婚招待状が送られて来たのは十年ほど前のことです

 

当時は まだ私は猿夫の商いを手伝っていなかったので

《別居中の仲の悪い夫婦》そのものでした

 

若い二人は誰の干渉をも受けず

東南アジアの小さな島で式を挙げる、とのことでした

おそらく 挙式含めての新婚旅行ツアーに申し込んだのでしょう

 

十年前と言えば・・

私は眼の手術を終え 後遺症が残ったまま治療終了となり

なんとか日常生活は可能、と言う状態

娘の豹の方は、まだまだ自室で寝ている時間が

一日の大半を占めていました

 

でも、一生で一度のイベントです

私は返信はがきではなく、携帯メールで

「頑張って行くヨォ~!!」

と返事を返したと思います

その夜でした

虎が慌てた感じで電話して来ました

「いや、(汗)あれは形式上送った案内状で…

ほんとは来て欲しくない…」

どうやらお相手のチータさんや その縁の方々が

《仲の悪い夫婦》が式場で鉢合わせすると 気まずくなるし

気を遣うから、と言うのが理由でした

「ありゃま、残念」

考えてみれば、パスポートを取る手続きや

慣れない電車・飛行機を乗り継ぐのは、私達病人の母娘にとっては

少々 負荷の掛かる作業です

私はあっさりあきらめました

 

後で聞いたところでは、結局 猿夫も式に出席せず

花嫁のご両親・親戚数人と、花婿側では兄のライオンがただ一人の参加者だった様です

 

でも、「あの時、無理してでも行っとけばよかったね (ΦωΦ)フフフ…」

と 今 豹と話しています

 

「別れたいと思っている」

虎に そう告げられたのは今年の初め頃でした

そして 先日も気持ちを確かめたところ、

その思いに揺るぎは無いそうです

統合失調症の娘の状態

 

この十年余り ひたすら手厚く休ませて、やっと

「幻聴は、何か声は聴こえるけれど 何を言っているか分からないくらい」

好ましい状態になって 喜んでいたのが年初の頃でした

 

しかし八月に医院の調剤ミスで薬が半減して一ヵ月 そのまま服薬

見事に症状が悪化して 

「死ね」「エアコンを消せ」の幻聴が現われること二~三ヵ月

 

私は心密かに、幻聴が後遺症となって固定されるのを恐れていましたが

先日、やっと「幻聴は、何か声は聴こえるけれど 気にならなくて、覚えていないくらいになりました」

そして 本人の口からはっきりと「波があります」と

自分で自分の病態が理解できるまでに進歩しました

 

ごくわずかながら一年掛けて少し快方に向かった、と考えていいでしょう

以前は、テニスボールくらいの白い球体が

宙に浮いてるように見えた幻視も

すっかりなくなったそうです

 

・調子のいい時は夏の暑い夜でも30分ほどウォーキングに行くこと1~2週間

後はぱったり行かなくなります

・朝起きてまずコップ一杯の水を飲み 部屋でヨガを小一時間します

これも1~2週間続き 後にパッタリ実行しなくなります

・なぜか眠れない日が続き 一ヵ月ほど昼夜逆転の日が続きます

本人も「いつ寝ているか意識ない、ずっと起きているような感じがする」

・家事手伝いも、調子のいい時は洗濯物を干してくれたり

私の茶碗も洗ってくれたりしますが恒常的な家事にはつながりません

 

基本的には

「永久的に母が世話をしてくれる」

と信じている十歳の女の子状態 に感じます