海(うみ)nanimositeinai’s blog

父は私を「海ちゃんは素直な子」と言う呪縛で 従順で素直な女性に育てました。結果 私の恨みつらみ噺の始まりです。私は猿夫と結婚して「あぁ この人と結婚して良かった♪」と思った事は 且て今まで一度たりともありません。現在は精神疾患を持つアラフォーの長女と 出戻り息子との三人暮らしです。夫の名言【何もしていない】

お題「この1年の変化」

お題「#この1年の変化」

 

嬉しい変化、二つあります♪

 

一般常識とかけ離れているかも分かりませんが…

とても嬉しい1年となりました

 

去年の今頃、「夫婦仲がうまくいっていない」

そう知らせて来た末っ子の虎が、婚姻期間十年 とうとう家出して

私の元に帰ってきてくれました

 

一昨年の年末に「ピューマ(私の孫くん)を二~三日預かってくれないか?」

と架電してきた時がありました

常日ごろ仕事休みには ひがな子守りをし、料理・掃除・洗濯もしている家庭生活は

猿夫からも、娘の豹からも聞いていましたし

こちらに孫のピューマ君を連れてくる様子からも

そんなイクメンぶりは容易に想像出来ました

 

え?、あのスタントマンみたいな、やんちゃ盛りの三歳児だけをお泊りさせる?

視力が弱いゆえに機敏な動作が出来ない私

病ゆえに俊敏に対応出来ない娘

 

「んーー・・、閉じ込めなくちゃいけないから 無理よ」

「…わかった」力の無い声色

相当 参ってそうな感じは受けていました

 

 

「今までの僕の十年を返してくれ,(’Д`)」

そう、お嫁さんに言ったそうです

彼女自身から聞きました

「私が悪かったんですけど…」とも

 

私の夫である猿夫は、妻の躰が弱っていても 召使いの役目を強要していました

明治男の化石と表現できます

家事はおろか、子守りも手伝わない殿さま面です

妻が下女の役に抗うと 暴力にうってでます

貧困は連鎖しますが 無学も連鎖します

明治生まれの義祖父の家父長思想が、大正生まれの義父に受け継がれ

昭和生まれの猿夫のアタマは、明治から進歩しません 

 

末っ子の虎は、そんな親の姿を見て来たので

チータさんには 母親のような辛い思いはさせまい、と

結婚生活のほとんどを お嫁さんの意に合わせてきたようです

そんなひたむきさが 彼女の我が儘を助長させてしまったのかも分かりません

 

今、私の憩いのMUSICは、ドア越しに聴こえる 虎のいびきです

彼のいびきが聴こえると

私は心底から深く安堵するのです

 

もう一つの嬉しいこと

娘 豹の、統合失調症の症状の幻聴が

最近は聴こえなくなった、と

 

普段、私は商い用のパソコンで、こっそり

同じ病の家族さんが綴るブログを、二~三読んでいます

 

①元ナースさん、息子さんが発症した時から

薬・医療にも明るいお母さんは、即刻 適切な治療を始め

家族が強力し合って息子さんに対峙されています

②若くして発症した息子さんを抱えるお父さん

息子さんが暴れる為、致し方なく施設に預けておられます

 

①のケースは意外にも治りが遅いようで まだ幻聴は続いているのが

ブログから読み取れます

②のケースは気の毒なほどに治療は進んでいないようです

 

ごくたまにチラ見する、当事者のブログ

聡明な女性で、自分で病気を発見し

いち早く治療を開始できたので、去年の今頃だったでしょうか?

「幻聴がまったく聴こえなくなった(^^♪」と書いているページを読んだ時

私は激しい嫉妬を覚えました

 

でも、もう大丈夫そうです

たとえ、同じ病を持つ当事者が仕事に就けていても

娘 豹は まだまだ引き籠りを続けても

《幻聴が聴こえなくなった》

今まで、10年を越える 毎日の努力が、実を結んだのですから

 

書によると「放置期間が5年を越すと症状が固定化されやすい」

豹の場合は、病の正体を見つけるまで 優に5年を越していました

 

私は自分で自分を褒める事が出来るのです♡

 

ぐやぢぃー!!

去年の話しだったと思います

プチ贅沢がしたくて、イタリア製の珈琲カップ

ヤフオクで安く手に入れました♪

その時 オマケみたく付属してきた珈琲カップがありました

バックスタンプを見て 調べましたが

現在の英国有名ブランドに吸収合併された工房が製作した物

とだけしか分かりませんでした

可愛い模様だったのですが、どう考えても使い物にならない小さなカップでした

飾り物として食器棚に置いておく余裕は無く

綺麗に磨き、適当な値段をつけてネットフリマで売りに出していました

 

なかなか買い手がつかないまま

ある日、コメントで値切り交渉して来た人がいました

わずか4000円弱の値段なのに300円引いて欲しいと

手数料や送料を引くと 手取りは2000円ほどになります

 

【安売りしてしまう】のがワタシの癖のようです

その人の言い値で売りました

 

さて数日前、ふと別のネットフリマを覗くと

なんと! その私の売った珈琲カップが2万円弱で売れていたのです

 

商品説明には要約するとこんな内容が書かれていました

☆且ての英国皇室御用達のブランドと、銀食器有名ブランドがコラボして製作された

総ハンドペイントの大変珍しい一品です☆

 

えッ!?

プリントじゃなく、ハンドで描かれた絵だったわけ!?

 

全くの無知で、値打ちを見抜けなかった私の手落ちでした

それにしても、相場よりも安めに設定していた値段を

その物の価値を知りながら 更に値切ってくる購入者

悔しいです

 

 

大安売り

先月の婚姻費用も15万円要求された末っ子の虎

毎晩、YouTube動画でお金の勉強をしています

隣りの部屋で パソコンを眺めながら

私もそのユーチューバーの話しを聴きます

なるほど、なるほど、学校でも教えてくれないマネーの話し

 

幼い頃、周りの大人達は損得勘定を嫌いました

猿夫も「お前は 金にならん事はしない女だと 分かっていたけどヨォ💢」と

サッサと洗濯物を干さない私をなじります

自分はいかにもマネーには無頓着な風を装いながら

私に生活費を出させて こっそり1000万をヘソクっていましたが・・

 

そのユーチューバーが語るには

「配偶者に選んではいけない人」と題して

お金の価値観の合わない人・・など

三項目目に【相手に感謝せず 配偶者に多くを求める人】

猿夫はピッタシカンカンでした

 

なぜ そんな人を選んでしまったのか?・・・

おそらく 幼少の頃からの成育歴にその芽はあったように思います

「はやく御飯を食べなさい!」「はやく着替えなさい!」「はやく寝なさい!」

母からの叱責が絶え間なく続く毎日でした

一度「そんなに先に先に言わなくても 自分でするから」

と抗議した事があったのですが、母は

「だって言わないとやらないから 言うのよ」と

これは相手の人格を否定しているのです

 

考えてみれば、日常生活のルーテインは決まっています

先に言葉に出したモン勝ち、になります

そのカラクリに気付かず、私は全人格を否定され続けて育ちました

自分で自分のことが嫌いだったと思います

 

そんな価値の無い自分は 高望みしてはいけない…

 

自分を安く売ってしまったのです

 

点数

ここ数日 訳の分からない苛立ちがありました

 

去年の末あたりから考えていたこと…

光熱費・通信料・税金類をカード払いにしてポイントを稼ぐ

 

税金類はこちらの自治体が対応していない為 不可でしたが

光熱費や通信費を従来の口座引き落としから

クレジットカード払いに出来ました

PCに弱いのでほぼ一日孤軍奮闘しましたが

なんとかweb上で、外出することなく手続き出来て

苛立ちが収まっている事に気付きました

 

そうかぁ…

新型コロナの影響が猿夫の商いにも徐々に現われ

売り上げが落ちて来ているにも関わらず

ザルで水をすくっているような猿夫の金銭感覚

 

出戻り息子が一人増えた事による支出の増加

あれやこれやと彼の為の調べものが続く毎日

これまで細々と内職していた手が止まり

上から下から生活資金が減る

 

そんな毎日に気付かないうちに苛立ちを覚えていたのでしょう

 

わずらわしい架電・書面・郵送を経ずにパソで手続き出来たこと♪

ポイントが貯まったら布団も買える♪

少し楽になりました

 

 

 

重油

先日、孫のピューマ君と一緒に就寝し

朝、目覚めた時の孫ゴンの第一声は「朝?」でした

「寒くない?」

「うん(。_。)ウン。。朝?」もう一度訊きます

「うん、朝よ」そう答えると、ピューマ君 嬉しそうに

「朝っ、朝だ、」とニコニコ、わくわくの様子で

ぴょんぴょんと台所に飛び出して行きました

 

朝が来た事を喜ぶ…今日は何して遊ぼうか

そんな時期が かつての私にあったかどうかは不明ですが

少なくとも 私が慢性疾患を持った頃からそんな気分は忘れていたような気がします

 

いいお手本を見せてもらいました

 

珈琲を飲みながらニンマリ財布の残金を確かめる、

建具の取っ手をピカピカに磨いて達成感を得る、

朝 目覚めた時、自分なりの楽しいプチイベントを頭に思い描く、

そんな風にどこかに満足感が得られる日常をすごせたらいいな と思いました

 

 

ともかく…娘の精神疾患の正体が判ってからは

必死だったのです

楽しく、面白そうに、ジョークを飛ばす事に

 

毎日を 色んな趣味にはまって、人生をいかにも楽しんでいるかの様に装う

♡物作りに精出して 集中力いっぱいの毎日♪

♡部屋の飾りつけに熱中しインテリアに凝る♪

♡近くのリサイクルショップで格安の日用品を見つけ出す♪

娘 豹の病から目をそらす それらの現実逃避は

私には必要だったと思います

 

全然へーきな振りをしながら

本当は、治療を遅らせてしまった自分を

責めに責め、悔いに悔い、必死こいて 早く治せと焦りに焦り

もがけど もがけど 岸に流れた重油に ズッポリ沈んだ身体は

毎晩 悪夢にうなされる

そんな感じでした

 

 

ホントは全然楽しくなんかないのに

『一度きりの人生なんだから楽しまなきゃ損、損』

とルンルン生活を送っている

豹に「賢く、楽しく」のメッセージが伝わるよう…

 

一世一代の大芝居はこれからも続くでしょう

おせち

思えば…猿夫から離れて もう二十年になります

別居を始めてからは

いえ、その以前二~三年前から

私は もう お節料理は作っていません

 

結婚生活では、お正月には 必ず猿夫の実家に里帰りし

それこそ 最初の二~三回は義母が簡単なおせちを作ってくれていましたが

「田舎のお袋らには負担をかけないようにしよう」との 猿夫からの提案で、

それからは毎年 年末になると、材料もこちら持ちで

七人分×3~4日の食糧を買い求め、まるでキャンプに行くかの様な

大荷物を積み込んで田舎に行きました

当時は猿夫の年収は手取り300万もなく、且つ住宅ローンを年114万払っていたので

金銭面では、当然 私の負担になります

さる年、「自分のお金を遣って、躰を使って、気を遣うのは嫌だから行かない」

と言った時には殴り倒されました

それ以来、なるべく パートのシフトを入れてもらって

私だけ帰省しないように策を凝らします

 

 

でも、今年はとてもいい年です♡

出戻り息子の虎が おでんを大量に仕込んでおいてくれました

f:id:nanimositeinai:20201231233249j:plain

このお正月三が日は、虎は 早出・日勤・宿直・遅出があるので

家に居ません

私は彼に譲ったベッドで、しばし 眠れます

 

お嫁さんには悪いのですが

虎が帰って来る事が担保されている毎日は

母親の私にとって、とても嬉しいことなのです

 

年末の挨拶

先日は末っ子 虎の冬期休暇三連日でした

初日は友人と所用に出かけ、残る二日間は孫のピューマ君を我が家に連れて来ます

朝 早めに家を出て ピューマ君を迎えに行きます

前々から楽しみに待っていた貴重な日程です

 

虎が向こうに着いた頃、彼からラインで

チータさんと親御さんがこちらに年末の挨拶に行く、と連絡がありました

驚きましたが こころよく迎えることにしました

 

昼前に 虎とピューマ君は我が家に着きましたが

チータさんとお義母さんは、その数時間後に来訪です

お嫁さんに会うのは四年ぶりでした

 

え?、今頃 年末の挨拶?

ひょっとしてこのブログがバレていたのか?…

私のブログは目立たない様、タグ付けもしていませんし

日本ブログ村にも登録していません

 

 

なぜ今さら チータさんが年末の挨拶に来たのか、主意がくみ取れませんでした

 

僅か数十分の訪問時間ではありましたが

虎は終始 無言の仏頂面です

 

普段 ブラックに近い介護の職場で働き

休日には農家のアルバイトにも行き、この冬期三連休は

虎にとっては、ピューマ君を私に会わせる貴重な時間でした

よほど腹が立っていたのでしょう

彼女達が帰った後、お腹を押さえてトイレに入り

胃薬を所望してきました

 

幼い孫のピューマ君がすぐ傍に居たので

別れ話には一切触れず、幼稚園の発表会へのお誘いでしたが

来年からは 貴重な時間をつぶさないように、

挨拶は、虎やピューマ君の居ない日を指定しようと思いました

今回限りかも分かりませんが…

 

チータさんからの 今月の婚姻費用の要求は11万円でした